姉はヤンママ授乳中in実家
3話を読んだ感想をレビューしています。

姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家3話を読んだので感想を描きたいと思います。

 

こんにちわ。

授乳させてる人妻を見ると、用事もないのに立ち止まってしまう

管理人のマコトです。

 

今日は「姉はヤンママ授乳中in実家」3話を読んだので、ネタバレを含んだ感想を紹介したいと思います^-^

 

 

「姉はヤンママ授乳中in実家」3話は、

アイカ姉が絶望しているシーンから始まります・・・。

 

「アンタ、本当に入れるなんて・・・」

 

タクヤにチ〇ポを入れられて、
ショックで涙を目にいっぱい溜めているアイカ姉。

 

絶望しているのにはもう1つ理由がありました。

 

「しかも生じゃねーかぁぁぁっ!」

 

姉のマ〇コに挿入したかったタクヤは、ゴムなんて付ける余裕なんてありません。

 

姉を強引に押し倒し、チ〇ポを入れたので当然なのです。

 

 

さっきまでフ〇ラしていたせいで、濡れてしまっていたアイカのオマ〇コ。

 

チ〇ポを押し込まれると一気に奥まで入ってしまうのでした。

 

1番奥までチ〇ポが入って、気持ち良くなってしまうアイカ姉。

 

でも、感じて声を出すなんて出来ません。

 

隣の部屋では眠ってる愛する息子たち。

 

声を出して起こしてはいけないし、声を聞かれるのも親としてはイケナイ事なのです。

 

 

「おねがいっ抜いて!」

 

必死にお願いしても、
暴走中のタクヤには聞こえていないのです。

 

姉の気持ち良いオマ〇コが
チ〇ポを締め付けてきて気持ち良いのです。

 

チ〇ポを入れただけでは満足できず、
腰を振って気持ち良くなろうとしてしまうのです。

 

「アンタ、自分が何してるか分かってるの?」

 

「これ、レ〇プだぞ!」

 

姉弟でセ〇クスするのはダメな行為。

頭ではわかっていても、チ〇ポが気持ち良すぎて冷静に考える事なんて出来ないのです。

 

 

何度も何度も腰を叩きつけられて、
次第に気持ち良くなってしまうアイカさん。

 

「やぁんっ・・・」

 

出してはダメ。と思ってたアエギ声が出てしまうのです。

 

必死に手で口を押えますが、
腰を振られる時の振動で思わず声が漏れてしまうのです。

 

「無料立ち読みしてみようかな?」
と思ったセンスの良い方はコチラから

 

姉はヤンママ授乳中in実家
▼画像をクリック▼

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家3話の詳しいネタバレはこちらで紹介しています。

 

→姉はヤンママ授乳中in実家3話ネタバレ

 

 

 

こちらで
「姉はヤンママ授乳中in実家」を全話ネタバレしています。

 

→姉はヤンママ授乳中in実家全話ネタバレ

 

エンガワ卓さん、チンジャオ娘。さんの過去漫画もレビューしていますので、お時間があれば遊びに寄ってみてくださいね^-^

 

最後まで「姉はヤンママ授乳中in実家3話感想」にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。